2012/10/04

Google日本による新しいスマホ入力「Godan」

先日の大きな反響をいただいた件

しばらく更新をサボってたら、無事に元のアクセス水準に戻りましたww

いや、それでも以前に比べるとまだまだ多いか。

いろんなところからリンクしていただいた効果が残っているのでしょうかね。

とはいえ、あの「お祭り状態」は1週間ほどで落ち着いた感じです。



Google日本が導入した新しいスマホ向けキー配列

今日はGoogle日本による文字入力に関するイノベーションのお話。

今回のAndroid版「Google日本語入力」のアップデートで新しいキー配列が導入されました。

Android 版 Google 日本語入力から新しい入力方法のご提案


その名も「Godan(5段)キーボード」

そう。アルファベット表記なので最初はピンと来ませんでしたが、あ段、い段の「5段」です。

このムービーを見ればきっとよくわかります。



え? みんなが着てるTシャツがダサいって?

重要なのはそこではありません。

そう、「キーの数がキー」

そして、「キーの位置がキー」なのです。


実際に使ってみると画面はこんな感じ。

濁点、半濁点や句読点などの入力はフリックする必要があります。

うーん、どうだろ。意外と使いやすいかも!?



ちょっと使ってみて感じた課題点

1.両手打ちが前提となっている

動画を見てもわかるとおり、左手で母音、右手で子音を入力することが前提となっているキー配列なんですね。

これって、普段片手でフリック入力している私にとってはちょっとハードルが高い。

両手で入力するシーンが想像つかないんですよね。



2.両手で持つとなるとちょっと窮屈

まぁ両手打ちをよしとするとして、次に悩まされるのがこれ。

私のような手の大きいオッサンにはちょっと窮屈すぎる気がします。

特に下の方のキーは打ちづらいですね。

大画面化が著しい最近の機種だとちょうどいいのかもしれません。



3.キー配列は右利き用?

先ほども触れたとおり、左手で母音、右手で子音や記号を入力するキー配列です。

当然、母音を扱う左手のほうが使用頻度は高いんですが、ポジションの移動は少なくてすみます。

一方、右手はキーの数も多く移動距離も大きい。フリック操作も求められる。

そういう意味では右利きの人に最適化されているキー配列と考えることもできます。

ということは、左利きの人にとってはもしかしたら使いづらいのかもしれない。

左右のキー配列を入れ替えるようなオプションがあってもいいんじゃないですかね?



4.英字入力時にはQWERTY配列になってしまう

これってあくまでも「日本語入力」に特化したキー配列なんですよね。

英字入力モードに切り替えると、QWERTY配列が登場する仕様になっているようです。

そもそも指が太くて「QWERTYは無理ー(><)」という私にとってはちょっとつらいです。

ここはケータイ配列にしておいても良かったんじゃないですかね。

あるいはどちらか選択できるとか。

日本語入力状態でもアルファベットが候補に出ますけど、ちょっと使いづらいですよね。



これは面白いチャレンジだと思う

現時点でいくつかの課題点は見えているわけですが。

まだまだリリースしたてですから、今後のアップデートで改善も期待できます。

とにかく、既存の枠にとらわれない新しいスタイルの提案という意味では、すごく前向きに捉えてます、私は。

何より日本人の日本人による日本人のためのイノベーションっていうのが嬉しいですね。

どう転んでいくかはまだまだこれからですが、楽しみです。

私もしばらく使ってみようと思います。

1 件のコメント:

  1. "Man Pasand Shadi"">Rohani Wazifa"">Taweezat"">Black magic
    "
    The Istikhara is an Islamic tradition which is strongly rooted in our culture of Iran, India and Pakistan. Amil Bangali Baba"

    返信削除