2012/09/17

先日の反響を受けての感想と反省

先日ポストした「ユーザビリティ至上主義が招くWebデザインの終焉」という記事。

どなたかにシェアしていただいたのがキッカケで、ブログへのアクセスが急増しました。

今回はその際に感じたことや反省点などを簡単にまとめておきたいと思います。



誰が見ているかわからないという意識を常にもって

正直、「どうせ誰も見てないし」といった感じで書いてました、このブログ。

どこでも宣伝してませんし、リンクもしていません。

ごく平凡な一般人の戯言的なブログとして運営してました。

まぁ、日記とかメモみたいなものですね。



ところが、例の記事を公開してしばらくするとブログへのアクセスが急増。

初日だけで先月のPVを超え、2日目午前でブログ立ち上げ以来のPVを超えてしまいました。

記事の内容がどうこうということではなくて、おそらく最初にシェアしてくださった方が影響力の大きい方だったのかもしれませんね。

怖くてあんまりちゃんと見てないんですが、Twitterでも相当数シェアされてるっぽかったです。

ログを見るとFacebookやはてなブックマークからのアクセスも多かったようです。

今さらながらSNS時代の情報の拡がり方を実感した次第です。



嬉しさよりも恥ずかしさと怖さが先に立つ

普通、ブログやサイトにアクセスが増えると嬉しいと思います。

たとえ、「どうせ見られていないし」と思っていたとしても。

でもですね、私の場合は「恥ずかしい!」って思っちゃいました。

だって、思いつきと勢いだけで書いて即公開してましたから。

「あー、そんなに見ないで///」みたいなw

加えて、この記事を読んだ方がどんな感想を持つのだろうと。

どんなご意見をいただくのだろうという「怖さ」のようなモノが生まれてきました。



もちろん、まだまだ「見られている」なんておこがましい。

これまでが見られてなさ過ぎだっただけなんですけど。

でもはじめて「読者」を意識した瞬間ではありました。

有名なブロガーさんや芸能人の方って常にこういう事を意識してなきゃいけないんですね。

大変だなぁ…



反省をふまえて今後のマイルール

今回の経験、反省点をふまえまして。

今後のブログ運営におけるマイルールをいくつか作ってみました。

  1. 誰かに見られているということを常に意識する
  2. 公開前に少し寝かせてからもう一度推敲してみる
  3. 記事内で使う言葉の定義をハッキリさせておく
  4. 批判的なことをなるべく書かない


1つ目は先に書いたとおりですね。

むしろ今までが意識しなさすぎでした。



2つ目はとにかく勢いで書いて即公開とかしないこと。

最低でも半日、できれば1日くらいは寝かせてみて、改めて校正、推敲してみる。

もの書きのプロではないのでたいした効果は期待できないかもしれないけど。

「あー、これはアカン!」というような文章を投稿してしまうことはなんとか防げるかも。



3つ目。特に批評とか自分の意見を述べる際に必要なことだと思うんですが。

先日の記事でいえば「Webデザイン」とか「テンプレート」とか。

「これは何を指しているの?」というご意見が多かったです。

指摘されてはじめて、その定義が自分の中でも曖昧なまま書いていたことに気付かされました。



最後4つ目。

記事の目的が「批判」であるならばそれを出さないわけにはいかないですけれど。

必要以上に批判と取れる表現は使わない方が無難であろうと。

せっかく記事を読んでくれたのに、そのせいで嫌な気持ちになってしまう人はなるべくなら作りたくないですもんね。



もともと更新頻度も低く、テキトー且つマイペースで続けているこのブログですが。

今後は多少「読み手」の存在も意識しながら続けていければと思います。

1 件のコメント:

  1. The Istikhara is an Islamic tradition which is strongly rooted in our culture of Iran, India and Pakistan. Amil Bangali Baba"
    "Man Pasand Shadi"">Rohani Wazifa"">Taweezat"">Black magic
    "

    返信削除