2012/06/07

Twitterロゴのリニューアルとその狙い

みなさんはTwitter利用してますか?

私はといえば最近はFacebook一辺倒で、最近はあんまり使ってません。

なんか、Twitterの利用シーンがよくわからなくなってきたんですよね・・・



Twitterのロゴから文字が消えた

そんなTwitterですが、このたびロゴが刷新されました。


Twitterブログ: Twitterのロゴが変わりました


「Twitter」や「t」といった文字はロゴから消え、おなじみの青い鳥のみになりました。

従来の青い鳥よりもくちばしがやや上向きで、上昇するイメージを表現しています。

また新しい青い鳥は頭、胴体、翼の大きな3つの円が重なるイメージでデザインされており、それぞれ「つながり・絆」「興味関心」「情報発信」を象徴しているそうです。





ところで、文字のないロゴといえばNikeAppleが有名ですね。

どちらもとてつもないブランド力を持っている企業です。

文字のないロゴで通用するのはブランド力が強い証。

逆に言えばTwitterはそれだけ自社ブランドに自信を持っていることの表れ、とも取れますね。



ロゴをリニューアルする狙い

一般的にロゴを刷新する際の狙いは「イメージチェンジ」だったり「話題づくり」だったりします。

少し前のauのロゴ刷新などは、まさに新商品発表会にあわせた話題づくりでした。

では今回のTwitterのロゴ刷新はどういった狙いがあったのでしょうか?



Twitter自体に大きな動きは見られませんし、Twitterのサービス本体も日々改善こそされていますが、大きなリニューアルはされていません。

そういえばSNSという大きなくくりにおいて、Facebookとはしばしば比較されることもありますね。

そのFacebookが先日NASDAQに上場した際に世界の話題を独占したことに対抗でもしているのでしょうか?

今はまだ見えていなくても近々ドラスティックな変化が起こる、その前触れということなのかもしれませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿