2012/03/07

IE自動アップグレードまでにWeb制作者がやるべきこと

以前、「日本からIE6が消える日はやってくるのか」という記事を書きました。

Web制作者を長年悩ませ続けたIE6。

こいつの駆逐が、遂に現実のモノとなりそうです。



IE6は自動アップグレードで本当に絶滅する?

IE6駆逐への大きな一歩、日本でのInternet Explorer自動アップグレードは3月中旬開始 - GIGAZINE


GIGAZINEさんの記事によると、日本での自動アップグレードは3月中旬にスタートするようです。

ちなみに「自動アップグレード」というのは、これまでの「自動更新」とは異なり、インストーラーの起動などを含め何の操作もなしにアップデートしてくれる機能なんだそうです。

ただし、アップデートしたくない場合の回避方法も用意されているそうで、IEのサポートページに詳しく紹介されています。


Internet Explorer の自動アップグレードについて | TechNet



自動アップグレードまでにWeb制作者が対応しておくべきこと

この自動アップグレードによって、世の中の全てのIEが最新版になってくれるならば問題ありません。

しかし、大手企業などはクライアントPC管理ツールでPCを全社的に管理しているケースも多いでしょう。

一般ユーザですら前述のような回避方法が存在するわけですから、そう思惑通りにいくとも考えにくいです。

(企業や制作者でない一般ユーザが、古いバージョンを使い続ける理由もないかもしれませんが)

であるならば、Web制作者は少なくともしばらくの間は、デバッグ環境を維持しておく必要があるでしょう。

「いつのまにかIE6の環境がなくなっちゃったー」と慌てることがないようにしないとダメですね。



中には、こんな思い切ったことを宣言しちゃっている制作会社もあるようですがwww


IE6, 7対応費用に関しまして | 株式会社まぼろし - ウェブサイトの企画、設計、制作


これはこれで潔いというか、いいんじゃないですかね。

むしろこの思想が業界的に「あたりまえ」になってくれることを、切に願っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿